ヘナやインディゴ、ハーバルカラーの消費期限を教えてください

qa

化粧品では食品と異なり、消費期限はありませんが、消費開始目安をお伝えしています。消費開始目安は製造より4年としております。マハラニ製品は真空パックをしている関係で、未開封であれば4年間は問題なく使用できます(雑菌などの繁殖もないことが検査でわかっている)ので、4年以内に開封使用開始していただけたら問題がないという意味で、4年としています。

ヘナやインディゴは未開封の場合、製造からおおよそ4年が使用開始の目安

製造月は、パッケージの裏面に記載されております。


MFD: 2018.1 とある場合は、製造(MFD)が2018年1月であることを示しています。(上の写真はハーバルカラーの裏面)

ヘナの収穫シーズンに鮮度のよいヘナの葉を買い付け粉末化、収穫からできるだけ早いタイミングで真空パック→アルミパッケージする方法で、ガンマ線という殺菌に頼らず、鮮度をより長持ちさせる製造方法を採用しています。

鮮度とは、ヘナの葉の色、匂い、雑菌の繁殖度合いにて、判断します。

鮮度が落ちてくる、つまり、収穫から製造されずに原材料のまま保管されている間に劣化し、そうして製造された製品の場合は、まず、どなたにもはっきりとわかるのが、ヘナの色です。

粉末が茶色っぽくなってくると、見た目で劣化していることがわかります。

さらに、古くなって劣化してくると、ヘナ特有の草の匂いに生臭さが増してきます。

見た目が茶色っぽく、生臭いヘナは、同時に雑菌も繁殖しているヘナであることが、検査でわかっています。

マハラニでは、収穫時に短期間に粉末化、肉厚の遮蔽製の高いアルミパッケージに封入したヘナを4年後に開封検査しましたところ、ヘナ粉末の色が極端に茶色味を帯びておらず、また、臭みもさほどでなく、雑菌の繁殖度が通常の範囲であることが検査にて確認できたため、未開封の場合、製造より4年を消費目安としています。ただし、開封後はできるだけ早めに使い切ってください。

ハーバルカラーシリーズは、未開封の場合、製造から5年が消費目安

ハーバルカラーは配合しているラベンダー精油が保存料のように作用し6年経過しても品質を保持しており、現時点では製造から5年としています。また、開封後は早めに使い切っていただくことをお願いしています。

開封後は、ヘナやインディゴの粉末を湿らさないように注意して保管し、早めに使いきってください。

アルミパックの口が開いたまま保管されますと、湿気ですぐに劣化してしまいますので、ご注意ください。